株式会社アイ・リンク
〒379-2304
群馬県太田市大原町2448-1
TEL.0277-78-6454
FAX.0277-78-6476
・貨物自動車運送事業及び取扱業
・倉庫業
・アウトソーシング業
・梱包業
・物流のコンサルタント事業
・業務のアウトソーシング事業
・部品・燃料の販売
・フランチャイズ経営
・3PL事業
 
 

お客様の声

お客様の声
 
導入事例・お客様の声
       
 

case1 小倉クラッチ株式会社様

case1 小倉クラッチ株式会社様
 
事例・小倉クラッチ株式会社様
   
   
導入形式
戦略型導入
 
製造品目
自動車クラッチ ・一般産業用クラッチ製造
 
導入経緯
生産コスト削減の一環として、長期的な展望で外部資源を高比率で活用、急激な増産受注に対応する為にバッファ型としても導入
 
勤務形態
・ 昼勤専属(実働8H) 8:00~16:50
・ 夜勤専属(実働8H) 20:50~5:00
 
配属部署(作業内容)
・ NC旋盤・組立・外観検査・生産管理担当者・梱包・物流補助・秘書
・ 外観検査
 
配属人員
・ 男性【15名】
・ 女性【20名】 最大配属人数50名
   
jirei_ogura_03.jpg
「アウトソーシング・人材派遣・人材紹介・・・全部同じに考えていた。」 と笑いながら話す株式会社小倉クラッチ代表取締役社長小倉氏。
 
「これは、いままで悩んでいた人件費のコストダウンが出来るかも」と思った。
 
アイ・プロパティとの出会いは、古くから親交のあった石島社長が「物流に付帯する業務アウトソーシング会社を作る」の一言からだった。
これだけアウトソーシング会社が多いなか、「何を今更そんなこと・・・と正直思った。」人を出すだけで、企業に対して何のメリットも感じられなかったから、とその当時を振り返る。まあ付き合いで 1 名位使ってやるか、そんな感じだった。しかし、担当の久保田さんが今までの考えをまったく変えてくれた。
しかし、いざ使うとなるとなかなか踏み切れない。本当に何がメリットで、何が今までのアウトソーシング会社とどう違うか、しっかり確認してからでも遅く無いと思い担当を呼んだ。
 
jirei_ogura_04.jpg
「久保田さんアイ・プロパティを使うメリットはなに?」素直に聞いてみた。「小倉社長、まず人材派遣とアウトソーシングの違いから説明させて頂きます・・・」彼はとても判りやすく説明を始めた。その説明を聞きながら「これは、いままで悩んでいた人件費のコストダウンが出来るかも」と思ったという。
 
「説明もそうだが、彼の熱意が伝わってきた」と小倉社長。今では、40名を採用し見事にコストダウンを行い、素晴らしい業績を上げている。
 
最後に小倉社長からこんな言葉を頂いた。「今までのアウトソーシング会社と違う点はいくつもあるが、一番大きく違う点は、企業と働く人を第一に考え全力で取り組む姿勢だね。」という、とてもありがたい言葉だった。
聞き手:アイ・プロパティ社員
 

case2 株式会社ホットランド(築地銀だこ)様

case2 株式会社ホットランド(築地銀だこ)様
 
事例・株式会社ホットランド(築地銀だこ)様
   
   
導入形式
工程請負型導入
 
製造品目
食品製造ライン
 
導入経緯
生新規事業の為、工程一括請負を導入
 
勤務形態
・ 昼勤専属(実働6.5H) 10:00~15:00
・ 夜勤専属(実働6.5H) 13:00~20:00
 
配属部署(作業内容)
食品製造ライン
 
配属人員
・ 男性【2名】
・ 女性【7名】 最大配属人数9名
   
jirei_hotland_03.jpg
「ホントに出来るか不安・・・」
 
「当時は本当に出来るか正直、不安だったよ。」と当時を振り返る株式会社ホットランド代表取締役社長佐瀬氏だ。
 
アイ・プロパティを知ったのは知人の紹介だった。「今回、導入した会社が、かなり一生懸命やってくれるんだ。スキルが高い人も来るし、しっかりフォローもしてくれるから、助かってるよ」
それがアイ・プロパティを知ったきっかけだった。ちょうどその頃、新規事業立ち上げで、色々考えていた時で、特に人材をどうしようか悩んでいるところだった。今度の事業は、365 日フル稼働の食品加工、人材をどのように活用すれば良いかかなり悩んでいた。
 
物は試しで、アイ・プロパティの担当者松井さんに相談してみた。「人材について少し話が聞きたい」と問い合わせたところ、今から伺いますと元気な声が返ってきた。今振り返ると「対応が早い会社だな」と思ったと言う。
 
「アイ・プロパティの松井です。」はじめて会った印象は、元気な人だなと思った。
 
jirei_hotland_04.jpg
そして「新事業の人材に関して何か良い方法は何か無いか。」と尋ねると、「佐瀬社長生産性を考えますと、一番懸念されるのは欠員が出た時の対応です。私どもの独自のローテーションでその点はまったく心配ありません。」と説明が始まった。
 
実際、違う会社の担当の話も聞いていたが、今ひとつ納得していなかった。しかし松井さんの説明で、悩みが解消した。
 
正直、見積を数社から取っていた。見積金額はアイ・プロパティが一番高かったが、生産性を考えるとトータルコストはアイ・プロパティが一番安かった。
 
今では、 365 日フル稼働も問題なく、業績も順調だ。 
qrcode.png
http://i-link-g.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<株式会社アイ・リンク>> 〒379-2304 群馬県太田市大原町2448-1 TEL:0277-78-6454 FAX:0277-78-6476